「情報交換」タグアーカイブ

目下最強の訪問看護師との情報交換を密にする方法

訪問看護師からの情報の吸い上げは在宅クリニックにとって必須のことです。最も効率の良い方法をお話ししました。

以下、書き起こしです。

今日は、診療以外の在宅医療を支えるサービスとの連携を、クリニックが密にしていくためには何をすればいいのか、というお話をしたいと思います。

これまで同じようなテーマを何度かお話をしてきました。

常に診療所が外部との連絡を取る手段というのは悩ましくて、患者さんをいろんな事業所と支えていかないといけないことが通常ですので、その情報伝達によって診療のクオリティが非常に変わってしまう、というのが在宅医療です。

よそのサービスと、どういう風に情報交換するかということを、もう一度改めて整理をしてみたいと思います。

主に情報がやり取りされるのは、訪問看護とかリハビリとかケアマネさんで、まずペーパレス化です。場合によっては連絡ツールを先方に提供してあげてもいいし、MCSとかが在宅でよく使われるグループウェアがありますので、そういうサービスを導入されてるクリニックは結構あると思います。

基本は電話とFAXになってしまうわけですけど、次の世代のやり方をきちんと考えていくということがこれから大事になっていくのではないかと思います。

おそらくまだこういったサービスは、いろんな会社が提供していて自由に自分たちが使いやすいやつが選べるということでもないので、これからたくさんサービスがリリースされていくだろうと思います。

もう一つ大事なことは、連絡手段の検討以外に、外部との連絡窓口はきちんと一本化した方が良いだろうと思います。

例えば、この患者さんはこの人に電話するとか、この医師に電話するということではなく、きちんとワンタッチで一つの電話口で受けて、その電話を受けた人がクリニック内部の適切な人間に話を振るというのが、好ましい姿ではないかなと思います。

外とのやり取りを一本化するためには、クリックの内部ではそれこそきちんとグループウェアを入れておく必要があるわけです。LINE WORKSでもMCSでも、あるいはMediLine、チャットワーク、slack・・・色々ありますけど、そういったものをクリニック内では、少なくとも必ず整備をしておく必要があります。

外部とやり取りするツールと内部のツールは、必ずしも一緒である必要はなくて、分けるのも一つの手であると思います。

クリニック内部で物事を検討する、例えば患者さんに関して検討する言葉と、外部と検討する言葉というのは、よそ行きの言葉と内向きの言葉というのは必ず変える必要があって、それを変えないと、意図が曲がって伝わったりすることがありますので、ツールはむしろ分けることをお勧めしたいと思います。

最後に診療診察以外のサービスとの連携を密にする。これまで私が見た史上最強の連携の方法ですけども、もし同一法人に訪看ステーションがあれば、この方法をとることができて、医師の診療に同行する看護師と訪看ステーションの看護師を最初から混ぜてしまう。同じ患者の診療同行と訪問看護を、だいたい同じ看護師が行くようにすると、その行く看護師をオーバーラップさせるということやってしまえば、そもそも申し送りがいらないです。

お昼休みの話題も、あの患者さんがこうだったとかいう話題に自然になっていきますので、そもそものカンファレンスとか申し送りのような行為が省略できるということです。

これから診療所を立ち上げようとされている先生とか、訪看ステーションを法人の中でお持ちの先生方がいらっしゃれば、是非同じ部屋にこの訪看ステーションと在宅医療の部分を置くことから始めてみると、徐々に看護師が、両方でシェアしていくという方向で話をすすめられるので、非常にコミュニケーションの質が高まるのではないか、と思いますので是非ご参考にされてください。