裏医局長の自己紹介と在宅医療に関する情報発信を始める理由

自己紹介

はじめまして。私のbackground等について、以下の動画でご説明しました。

以下、書き起こしです。

皆さんこんにちは。
裏医局長の在宅チャンネルへようこそ。

私は裏医局長というハンドルネームで、このチャンネルですとかブログ・twitterをやっています。今回は私の自己紹介をするために、この動画を撮影しています。

まず、私は医師になってから現時点で一桁年目です。おそらく皆様が想像されていたよりは若いのではないかなと思います。

それから現在に至るまでの私の経歴ですが、私の生まれは日本の端っこの方の県(田舎の方ですけれども)で、生まれてから18歳まで住んでいました。

その後、都心の大学に合格してそのまま卒業し、卒後すぐに生まれ故郷とは違う地方の病院に数年間、初期研修を含めて在籍をしていました。

そしてその研修が終わってから都市部の大学(出身校)に戻りまして、現在研究をしております。

研究内容はちょっと説明が難しいですが、ウェットかドライかと言われればどちらかというとドライかなというような内容です。

大学に戻ってきてから昨今ニュースになっている、無給医も2年ほど経験をしております。

そして在宅医療に関してですが、私自身研究も行っていますし自分のSpecialityもあるわけですが、その仕事以外に在宅医療にも取り組んでいます。体力的にまだ余裕があるということで、そういったことも始めました。

在宅医療が、まだ怪しい業界だと言われている時代から参入していましたので、いわゆるアーリーアダプターになれているのではないかなと思っています。

持ってる情報が比較的多いかと思いますので、こういったチャンネルを開設して情報を発信していければというふうに考えました。

在宅医療は、私の頭の中では大きく二つに分類されると思います。

一つが、慢性期の高齢者を中心に診る訪問診療という領域。
もう一つが、一見さんの一時救急を診ることが多い往診という領域です。

このチャンネルでは、需要が多い(世の中の需要の多さも含めて)のは訪問診療だと思いますので、訪問診療の情報を多数動画に撮ってアップロードしていければという風に思っています。

往診については、視聴者から要望があれば追々動画を作成していければという風に思っています。

この往診に関してですが、私はある年度の恐らく日本でトップ5に入っているのではないかというくらい、往診にコミットしていた時代もあって、往診は往診で非常に奥深い分野だという風に思っていますので、余談として往診の話もこのチャンネルに入ってくるかもしれません。

最後に、私の裏医局長というハンドルネームについてですが私が属していた医局は、医局員の数のわりに相対的にアルバイトが少なく、経済的に困窮している先生が多かった為、私が非公認のアルバイトを配っていたことを揶揄されて、みんなから裏医局長と言われることがあり、要するにあだ名として付けられた名前をハンドルネームとしてそのまま使わせていただいています。

今回、私の自己紹介ということでこの動画を撮らせていただきました。

在宅医療に関する情報発信を始めた理由

在宅医療に関する情報発信を始めた理由についての説明動画です。

在宅医療に関して、主にクリニックの立ち上げを考えておられる先生方に向けて情報発信を行っていければと思っています。コメント欄などで皆様と情報交換を行っていければと思います。

今後とも宜しくお願い致します。

以下、書き起こしです。

はい、こんにちは裏医局長の在宅チャンネルです。

今回の動画では、私がなぜ情報発信を始めたのかについてお話をしたいと思います。

私が情報発信を始めた理由、大きく分けると4つあります。

まず1つ目が、私個人の在宅医療に関する勉強を加速するツールとして始めました。

どういうことかと申しますと私はいま立場上、開業などはできないポジションにいますので、こういった知識をいくら貯めても知識の持ち腐れで、何の役にも立たないということになってしまいます。

ですから私の持っている知識を、視聴者の皆さん読者のみなさんにシェアすることで、いずれ交流が深まって、私にも更にいろいろな情報が戻ってきて勉強になっていく。という構造を動画ですとか、ブログ記事を用いて作っていければというふうに考えました。

2つ目は、在宅医療という仕組みが日本の医療ですとか、社会そのものを支えるようなプラットフォームになり得ると考えているというのが理由です。

この在宅医療という医療のやり方が、ある程度標準化されて日本のほとんどのエリアで稼働するようになれば、患者と医療者(働く人)それから保険者である自治体ですとか国にもメリットがあるのではないかというふうに考えています。

分かりにくいので一つ例を用いますと、療養型の病院というものがありますよね。皆さん療養型病院と聞くと、なんとなくどういうことをやっている病院かイメージが湧くと思います。

患者さんの方もあそこに行ったらこんな感じの医療が受けられるという相場がなんとなく分かっていて、求人などを出すと働く側の採用されたい医療者も大体こんな感じの仕事をすればいいんだなというのが分かった上でエントリーしてくるということがあります。

ですから集客や採用について、みんなが相場を分かっていることで容易に進んでいる。結果として様々なコストがかからないため、事業の提供側とサービスを受ける側、それからお金を負担する側の3者にとってメリットになってるという構造が生まれていると思います。

在宅医療に関しても、標準的な知識が皆さんに広がっていって色々な相場観が社会に浸透していけば、こういったメリットが国民みんなで共有できるのではないかというふうに考えています。

そして3つ目ですが、私が田舎の病院の時代にお世話になった指導医の先生ですとか、自分と歳の近い先生方の中で開業する方が最近ちらほら出てきています。

私はそういった先生方に在宅のクリニックで仕事をしていることですとか、在宅のスタートアップに少し関わっているということ等もお話をしていますので、在宅クリニックを設立するときのアドバイスを求められることがしばしばあります。

そういった先生方に毎回、同じようなことを説明しているのですが、私の考えをネット上に蓄積しておいて、あらかじめその先生方に視聴していただき、実際にその先生方と顔を突き合わせてお話をする時には、先生のクリニックに特化したアドバイスやその地域の特殊な事情を織り込んだお話などができれば、さらに有意義なアドバイスができるのではないかと思い、時間の有効活用という観点から自分の考えを貯めておく場所を作る必要があると考えたのが3つ目の理由です。

最後ですが、1つ前の動画で私の自己紹介をしていてその内容と少しかぶりますが、楽しく視聴者の皆さまと、色んな先生方と交流を行うための場所を作ろうと思い、その思考訓練のネタとして在宅クリニックの運営の工夫、というものを話題として扱えればと考えたのが4つ目の理由です。

本日はなぜ私が情報発信を始めたのかというタイトルで動画を撮影しました。

今後ともこのチャンネルをよろしくお願いいたします

関連記事:  患者数別:夜間往診体制の忙しさについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA