院長先生による非常勤医師への目配りについて

非常勤医師は基本的には経営のことは考えていないです。院長先生が非常勤医師に診療を任せているときに、目配りすべき最重要ポイントをお話ししました。

以下、書き起こしです。

こんにちは。

今日は、非常勤医師をクリニックでたくさん雇っている場合に、院長先生が気をつけるべきポイント、ということでお話をしたいと思います。
特に、患者さんのキャラクターとか患者さんの層についてのお話です。

在宅のクリニックを開業されて、だんだん拡大していって、急激に患者さんが増えていっているクリニックの院長先生からよく聞かれる声として、患者さんが増えていて、スタッフもきちんと育っていて、経費とかも無駄遣いなく経営しているはずなのに、周囲のクリニックや世の中の平均に比べて、収益性が低いと。

どっかからお金が漏れているに違いない。けれどもどこから漏れてるのか分からない。一生懸命やってるつもりで実際働き、一日仕事が終わるとクタクタになって頑張ってないはずはないのに、職員もそんな感じなのに、全然収益性が低いと感じられている場合です。

普通、病院で働いてると、一生懸命働いたらだいたい業績が上がってるのが普通なわけですけれども、必ずしもクリニックレベルにおいてはそうではないということがあります。

こういった場合、お金が漏れているのではない可能性があります。

実際に漏れているのが時間であったり、労力である可能性が結構あるわけです。

実際一生懸命働くと、あと苦労をすると、疲れはたまっていって、収益が上がってるに違いないというふうに思われるのは、やはり勤め人やっておられた方では自然な考え方かもしれないんですけども、実際にクリニックを経営し始めると、あるいはマネジメントをし始めると、特定の患者さんが職員のリソースを非常にたくさん持ってくことに気づくようになると思います。

一生懸命やってるはずなのにお金が出ていくばっかり、というクリニックでは、過剰な要求をされる職員のリソースをごっそり持って行く患者さんを多く持ってしまっていて、そういった患者さんとたくさん契約している、という可能性があります

特に、以前の動画で撮りましたけれども、福祉系の患者さん、ソーシャルな問題を多く抱えてらっしゃる患者さんで、こういった傾向がかなりありますので、自分のクリニックで赤字を叩いてまで、その赤字を叩きすぎないようにするべきである、という風に思います。

具体的には、そのリソースを非常に喰ってしまうような患者さんに関しては、受け入れる数をきちんと制限をしているということを、ケアマネさんとか地域包括さんにも伝わるように、運営をしていく必要があるだろうとに思います。

露骨に断ってしまうと角が立つかもしれないので。自分の所のキャパをオーバーしていますということを、はっきり言っていく必要があると思います。

どういう時に大変な患者さんを抱えやすくなっているかというと、一つは非常勤の先生を多く雇っている場合です

院長先生がほとんどすべての患者さんに目を通している場合は、すぐにこういった問題には気付くかと思うんですけれども、非常勤の先生にこういう患者さんの診療をさせている場合には、やはり非常勤の先生というのはの上にモノを言いづらいということもありますし、そもそも経営に関心がないということもあります。

なのできちんと言ってくれないことが多くて、なんかあの先生診察遅い、というような評判がクリニックの中で立って、その非常勤医師にとっても働きづらい環境になってしまってる可能性があります。

非常勤の先生に関してはそういうケアを、大変な患者さんはいませんか、ということを一言お声掛けいただけると周りもサポートできるようになりますし、是非院長先生には非常勤の先生が困ってらしたら、周りの事務にその患者に関してヘルプをするように、指示を出していただけたらいいと思います。

もう一つは、スライドには載せていないんですけれども、看護師があまり事務をしていない場合に、このソーシャルな問題を抱えた患者を多く抱える傾向があると思います。

看護師がソーシャルのやり取りまできちんとやっているところでは、看護師がすぐに重たい患者に関しては文句を院長に言ってくるのですぐに気付くわけですが、看護師が事務作業を一切しないようなクリニックですと、事務員が黙って大変な書類作業とか、ケアマネさん包括さんとのやりとりを黙々とこなしてる可能性があります。

ですので看護師が、事務を担っていないようなクリニックに関しても、同じポイントを気をつける必要が院長先生にはあると思います。

本日は、なかなか収益が上がらないと悩んでらっしゃる院長先生方に対するメッセージということで動画を撮影しました。

ちゃんと収支が合わないというのは、お金だけが漏れているというわけではなくて、職員のリソースがどっかから漏れてしまってる可能性があるということを念頭において、クリニック全体に目を配っていただけると、みんながwin-winの関係になれるのではないかな、という風に思います。

関連記事:  都市部では看護師、地方では事務員の採用を進めやすい。では、都市部の事務員と地方の看護師はクリニックにおいてどんな仕事を担うべきか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA